PRIUS50前期に品番の違うワイパーが存在した!

ワイパープリウス50系の記事
スポンサーリンク

PRIUS50系前期型でワイパーがビビってませんか?

実際にはどんな症状?

天さん
天さん

私がプリウスに乗り始めて2年が過ぎましたが、納車後最初の梅雨入りの頃(納車約2ケ月)くらいからワイパーのビビリというか、ふきスジが残って視界がよくなかったんです。

点検の時に症状をディーラーさんに伝えて、何度もゴムの交換やブレードの交換などを行って頂いたことがあるんですが、すぐにまたふきスジが残ってきてワイパーがビビるんです。

ただ、交換してすぐは症状は改善されるので、ワイパーゴムの劣化かもしくは、ブレードがたまたま悪かったのかな?くらいにしか思ってませんでした。

しかし、数か月でまたビビりだすんです。

ゴムの劣化にしてはいくらなんでも早すぎるんじゃ・・・。

カーズ・フォルクスワーゲン

ディーラーさんとのやり取りは?

ディーラーさんで言われたのは、『お客さん自身がガラスに撥水剤とかを塗布されてませんか?』(ガラコとかの事です)ということです。

ガラコなどの撥水剤は、ワイパーの滑りなどに悪影響を及ぼす事があるらしく、ガラス表面の撥水剤の被膜などが劣化し、ビビりやふきスジなどの原因になることがあると説明されます。

使っている場合には、使用を控えてもらい、ガラス表面の油膜を落として様子を見てほしいと言われます。

私はその話を以前から聞いていたので、プリウスのガラスには何もつけていませんでした。

ディーラーさんにもその旨はお伝えしていたので、原因が何なのかがよくわからい状態で2年が経過していました。

そんなある日の点検時に異変が!

驚いた女性

それは2年目の定期点検の時でした。

整備士さんが、『何か異常を感じておられる点はありませんか?』と聞いて頂いたので、私は、『毎度のことで申し訳ないのですが、ワイパーがビビってうまくかけません』と伝えました。

その当時の状況はあまりにもビビりがひどくて、おまけにうまく水をかけなくて、夜などでは視界が悪いので危険を感じるほどでした。

ですので今回は、いつもみたいに原因不明ならば、ブレードごと交換しておいてください!(これは有償でいいという思いで!)と整備士さんにお伝えしたんです。

話が少しそれますが、私はスタッドレスタイヤと夏用タイヤの交換を半年ごとの定期点検の際にいっしょにやって頂いているので、いつも作業終了までに、だいたい1時間くらいはかかるんです。

待つこと1時間!整備士の方こちらに来られて言い放った一言が・・・。

なんと品番の違うワイパーがメーカーから出ている!という回答でした。

品番の違うワイパーとはいったい?

ワイパーブレードやゴムだけではなくて、ワイパーアーム(ワイパーそのものの軸のことです)ごと違う品番になっているとのこと。

品番の違う部品と現行品の違いはというと、アーム部分の裏側にバネがあるのですが、このバネが変更されていました。

少し分かりにくいかもしれませんが、ワイパーはアームのバネによってガラスに押さえつける強さを調節しています。

もちろんこれはプリウスの設計時点でこのワイパーにしよう!と決められたものなんですが、今回はバネを強くして押さえる力を強くしたということの様です。

今までのワイパーは押さえる力が少し弱かったということでしょうか?

そして、ブレード形状の変更と、ゴムの厚みが少し太くなったことによって、品番違いというよりは、自分でカスタムして別のワイパーを付けました!くらいの違いがあります。

具体的には・・・

  1. 明らかにワイパーが太い!
  2. ワイパーを作動させた時のずっしり感が違う!
  3. 今まで運転席から見えていなかったワイパーの一部が少しだけ見える様になる

大きくいうとこんな感じですが、とにかく交換すれば一目瞭然です。

で、結果はどうなった?

もちろん品番違いのものと交換して頂きました。

無償だったことはいうまでもありません。

このワイパーに関しても、ユーザーから言われるまでは、ディーラーやメーカーは積極的に交換をする気はない様です。

ですから、ワイパーがうまくかけないのは、ワイパーゴムやブレードが古くなったからだ!と思い込んで、交換を繰り返しておられる方も多いかもしれません。

『この前変えたばっかりだ!』という方も、一度ディーラーさんで相談されることをお勧めします。

なぜなら、ワイパーゴムやブレードの劣化ではなく、ワイパーそのものの不具合の可能性もありますから・・・。

Bモード!その仕組みと使い方を紹介!
プリウスに搭載されるBモードについての仕組みと使い方を徹底解説!

 

 

コメント