駆動用バッテリーが満充電になった時の2つの問題

駆動用バッテリーが満タンになった時の状況についてプリウス50系の記事
スポンサーリンク

私がプリウスでドライブした時の経験です

納車してすぐの頃でしょうか?私はプリウスで『さるぼぼ』などが有名な岐阜県飛騨地方の白川郷周辺をドライブしたことがあるんです。
その時に名前は忘れてしまったのですが、有料で山道を上がる道路があり、その道路の傾斜がすごかったんです。
もちろん山頂までは急な登り坂!山頂からは急な下り坂!というシチュエーションなんですが、そのこう配が半端なくて、普段の走行ではまずお目にかからないだろうなというくらいすごい傾斜で、登りはバッテリーがあっという間になくなり、充電しながら走行するのでアクセルは重く感じて上るのに一苦労といった感じ!対して山頂からの下りはというとあっという間にバッテリーが満タンになり、そこから長い長い傾斜の下りが続くというプリウスでは体験したことのないシーンに遭遇したんです。
この下りの時に感じたことが満充電の時のうるささとエンジンブレーキの利きが悪くなること!この2点でした。
プリウスは満充電なってからブレーキペダルを踏んでブレーキ操作をすると、回生ブレーキではなく通常のブレーキ操作となる為、連続使用によるフェード現象が起こりやすく、ブレーキパッドの損耗も激しくなることから、Bモードを使用することが望ましいとされています。
ですが、プリウスにお乗りの方ならお解りだと思いますが、バッテリーが満タンになった時にBモードを使用して下り坂を下るのは非現実的だと思います。
理由はまず利きが悪くなるエンジンブレーキです。
通常はBモードを使わなくても通常のアクセルを離した状態の回生ブレーキでもガソリン車のエンジンブレーキ並みに利くのですが、充電が満タンになった後は何か抜けた様にエンジンブレーキの利きが悪くなり、速度が下がるどころか逆に上がっていきます。
速度が上がると同時にエンジン回転数も上がり、先ほどの有料道路の山頂からの長く急な下り坂が続くシーンではエンジンの音と共に回転数の上昇でエンジンが壊れてしまうのではないかという恐怖が襲ってきました。
Bモードに限らず通常の回生ブレーキでもフットブレーキを使わないと速度をコントロールできない状況になるんです。
みなさんはいかがでしょうか?

トヨタさんに聞いてみました

私はこの体験をした後にトヨタお客様センターへ問い合わせをしてみました。
トヨタさんからの回答は予想していたのものとは違い驚きました。
トヨタさんの見解は・・・。
駆動用バッテリーが満充電になった場合はBモードの使用が望ましいとのことで、満充電時のエンジンブレーキの利き具合は満充電以外の時と変わりはありません!とのことでした。
ちょっとありえない感じの返答に驚きました。
下り坂の加速度に対して十分な減速力を得られないエンジンブレーキの利きは認識していないのか?それとも言い訳なのか?不信に思いました。
Bモードについての詳しい解説は下記のページをご確認ください。

満充電時の2つの問題

まとめ▼

満充電時の2つの問題は・・・。

  1. 満充電になると通常モード、Bモードを問わずエンジンブレーキの性能が著しく低下する!
  2. 満充電になると通常モード、Bモードを問わずエンジン音が騒音レベルになりうるさい!

この問題は乗りごこちが悪い!とかビビリ音がする!といった問題とは違い、安全に走行する上で大きな影響を及ぼす重要な現象だと思います。
ぜひとも時期プリウスの時にはこの問題は是非とも解決して頂き、安全に走行できる様に改善して頂きたいものです。

コメント