『audiobook』はじめての人のための3000円投資生活

『audiobook』はじめての人のための3000円投資生活天翔のブログ
スポンサーリンク


はじめての人のための3000円投資生活

今回ご紹介するaudiobookは『はじめての人のための3000円投資生活』という横山光昭さんが書かれた本です。
いわゆるハウツー本と呼ばれるカテゴリーの本で、投資初心者の方や興味はあるがなかなかはじめの一歩が踏み出せない!投資をやってみたいが、やり方がわからない!という方にお勧めの一冊です。
3000円という意味は読み進めていくとわかりますが、少額からはじめられる!というメリットを生かしながら、投資をする重要性とやるなら堅実にやっていこう!という趣旨に沿って解説されています。
非常にわかりやすく、証券口座の開設の部分から始まっていますので、全くの初心者の方でもおそらく迷うことなく始められると思いますし、本の内容通りにはじめてみてもいいのではないかなと思いました。
具体的にいうと、投資信託で積み立てていくという内容で、その投資信託の中でもインデックスファンドというタイプの投資信託、具体的な銘柄は『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』を選んで、無理なく長期で保有する!というものです。
購入すれば価格に一喜一憂せずにほったらかしでOKというもので、できればスポット購入よりも、ドルコスト平均法になる様に毎月積み立て方式の方がより効果的というものです。
間違いのない投資の始め方!と言っていいのではないかと思います。
内容も読みやすく構成されていますし、横山さんのお客さんの体験談なんかも織り交ぜてあるのでわかりやすいです。
この本の中に書いてある投資比率は、主要国内株15%外国株45%国内債と外国債20%がお勧めだそうで、かなり安全な資産形成ができるのではないかと思いました。
ただ、このバランスだと本当にローリスクローリターンの投資になるので、慣れてくると少し物足りなく感じてくるかもしれません。
ただ、慣れてきてそう思える様になれば、この本の意義は達成された事になるのではないかなと思えたりするので、銀行に預金しているくらいなら最初はこの通リに実践してみて損はないと思います。
ただこの本にも何度も書かれていますが、投資に費やすのはあくまで生活に支障がなく、加えて不足の事態に備えてある程度の資金を差し引いたもので行う!というのが鉄則です。
どうにもならない事が起こった場合は別として、ちょっとしたトラブルや急な出費で投資信託を解約してお金に替えないといけない!という状態で始めるのは得策ではありませんので、その点だけは押さえておいてください。
その上で始めるなら早いに越したことはない!ともこの本では書かれています。
投資信託とはお金がお金を生む仕組み!早く始めてなるべく長く放置しておいた方がお得!ということです。
そのうち!と思っているだけでは1円も増えません。
始めることから始まります!だから3,000円ではじめてみてください!という事なんですね。
投資に興味のある方は是非一度読んでみてください。

コメント