プリウス50系エアコンフィルター交換!女性でも楽々!

プリウス50系エアコンフィルター交換!女性でも簡単にできますプリウス50系の記事
スポンサーリンク

今回はプリウスのエアコンフィルターの交換のお話です。

ディーラーさんで交換してもらうとだいたい7000~8000円くらいが相場ではないかと思います。(私のお世話になっているディーラーさんでは7200円です。(フィルター6050円技術料1155円)

何かの点検の際にだいたいフィルターが汚れているので交換しておきませんか?みたいな感じで言われてそれなら!とついでに交換を依頼される方も多いと思いますが、今回は自分でフィルターを交換しよう!というお話です。

タイトルにも書きましたが、女性であまりメカに詳しくない!という方でも簡単にできるほど楽な作業です。今回の記事を参考にされて是非ご自身でフィルターを交換されてみてはいかがでしょうか?

交換するにあたって必要なものは?

それでは実際に設営していきたいと思います。

まず必要なものですが、交換用のフィルターと作業方法の把握!それだけです。

特に工具なども必要ありませんので、まずは交換用のフィルターを購入してください。

ネットで検索すればいろんな商品が出てきますが、注意すべきなのはプリウス50系に対応しているものを間違えずに購入してください。違う車用のものを購入すると当然ですが取り付けできません。

ネットでの平均価格は通常のもので1000円~2000円くらい。高価な感じのプレミアム!みたいなもので3000円前後といったところです。私がいつも使っているのは1650円のフィルターで、一般的なタイプのものです。よくわからない!という方は下記にリンクを張っておきますので参考になさってください。

エアコンフィルター プリウス ZVW50 ZVW51 ZVW55 87139-58010 炭

価格:1,650円
(2022/1/7 08:44時点)
感想(1件)

交換する際の作業時間は?

実際に交換する際の作業時間ですが、個人差があると思いますが、早い人(慣れた人)で5分、初めての方や慎重な方でも10分もあれば交換できると思います。

元々交換することを前提に設計されていますので、メカニックさんの様な整備士さんでないと交換が難しいという事ではありません。というかそんなことをすればその車は不親切で売れないのではないかと思います(笑

交換の目安は?

これといって決まった時期はないのですが、巷ではおおよそ一万キロもしくは一年のどちらか早い方と言われています。私の場合はそのパターンでいくと一万キロの方が当然早くくるのですが、3・4カ月に一度交換しないといけなくなるので、半年に1回と決めて交換しています。

私は田舎道を走る事が多いので半年で1万2・3千キロ走った状態でもそこまで激しく汚れていないです。一方で都心部ばかりを走行される方は汚れ具合がひどい場合もあるかもしれません。ご覧の方の走行場所と走行方法によって変わってくると思いますので、まずは定期的にという前にちょくちょく確認してみて、自分の走り方での汚れ具合を把握して交換時期を決めると良いのではないかと思います。

フィルターの品番は?

フィルターをネットなどで購入する際に品番がきになりますよね。

トヨタの純正の品番は87139-58010ですがおそらくこの品番で探すのは結構大変ではないかと思います。『プリウス50系エアコンフィルター』みたいな検索方法で検索した方がいいと思います。

ちなみにデンソーさん製の品番は・・・。

DENSO トヨタ プリウス(ZVW50/51/55) クリーンエアフィルター -3110

という感じになります。フィルターは他の車種と共用している事が多いので、ネットで検索して車名がプリウスとかZVW50/51/55などと表記されていれれば問題ないと思います。

作業の方法は?

実際に交換する方法をご紹介します。

といっても今回はYouTubeで交換作業を掲載されている方がいらっしゃいますので、下記からそちらをご確認頂くのが一番わかりやすいと思いますので手順を簡単に記載しますので、そちらをご覧頂いた後に動画をご覧ください。

手順1:ダッシュボードの中身を出す(入れたままでもできなくはないですが、出した方がいいと思います。)

手順2:ダッシュボードの左サイド(ドア側)の突起物を外す(外側に引っ張れば簡単に外れます。)

プリウスエアコンフィルター交換説明画像1プリウス50系エアコンフィルター交換説明画像2

 

手順3:ダッシュボードの両サイドを内側に少し抑えて上部のひっかかりを外す(ダッシュボードの上部がガバ!っと外れます)

手順4:奥にあるフィルターのカバーを外す(左側のつまみをつまんでやると外れます。詳しくは動画を参照)

手順5:フィルターを交換します。(※フィルターの上下に注意して取り付けてください。)

手順6:元の状態に戻します(※最初の突起物の取り付け忘れに注意してください。)

以上が作業の内容になります。本当に簡単です!これだけでディーラーさんに依頼した時に比べて5000円から6000円くらいの節約になりますのでお勧めです!

詳しくは下記の動画をご参照ください。

https://www.youtube.com/watch?v=unv_usELlVA&t=189s

費用の差は?

上記でもお伝えしましたが、ディーラーさんで交換してもらった場合には・・・。

フィルター代 6050円、作業工賃1155円、合計7200円

これに対して自分で交換した場合には・・・。

フィルター代1650円のみ!

という事になります。

差額は5550円!作業時間を含めても断然お得です!

エバポレータークリーニングも同時に勧められることも

ディーラーさんではエバポレータークリーニングというものを同時に勧められることもあります。

私も次回の車検の見積もりにはエアコンの項目にエアコンのフィルター交換7200円とエバポレータークリーニング費用(3850円+技術料1650円)合計5500円というものが記載されています。※3850円はクリーニング液の缶の材料費です

エバポレータークリーニングとは?ということですが、これはエバポレーターという蒸発器のことで空気の熱を奪い冷たくしてくれる役割をする部品をクリーニングするということです。

エバポレーターという部品はその役割上、どうしても結露する構造となる部品なんです。逆に言えばこれがないとエアコンにならないんですが・・・。ですのでエアコンではカビの発生しやすい箇所の一つになります。

エアコンを使ったあとに車体下へポタポタと垂れてくる水は、エバポレーターで発生しています。

家庭用のエアコンなら内部クリーン運転とかいうカビの発生を抑制する機能がついていたりしますが、車のエアコンではそういった機能はほとんどありませんので、エンジンを切って結露したまま放置となりますので結露した部分からカビが発生しやすく、エアコンの風の嫌なにおいの原因の一つになりやすい箇所なんです。エバポレーターの交換ではなくあくまで洗浄です。

こちらに関してはさすがにエアコンフィルターほど簡単に!というわけにはいかず、器用な方やなれちる方ならそこまで難しくはないと思いますが、やれた事がない方や自信のない方はプロに任せた方が安心だと思います。

やっておいた方がいいの?ということなんですが、どうでしょう?エアコンから嫌なにおいがして気になっている!という方ならエアコンフィルターとエバポレーターのクリーニングをされることでにおいが消えたり軽減される可能性が高いので施工をされた方がいいのではないかと思います。私の場合は車検なのと過走行車なので、今回はエバポレーターのクリーニングはディーラーさんでお願いしようかな?と考えていますが、現状で特にエアコンに関して気になっていないのなら車検とか点検とか何かの節目にやってもらえばいいのではないかと思います。

この記事のまとめ

今回はエアコンフィルターの交換の件についてに記事でした。

ご覧頂いた通り、比較的簡単というか超簡単に交換できるアイテムです。費用を安く抑えたい!と思っておられる方は是非、一度ご自身で交換してみてください。但し簡単ですが、ダッシュボードを外す際などに部品を折ったり割ったりしない様に注意してくださいね。ここで壊してしまうと高くついてしまいますので(笑

エバポレーターのクリーニングについては現状ご自身のエアコンの状況に応じてご判断頂くのがいいと思いますが、ディーラーさんやショップにいく度にクリーニングを勧められる様ならちょっと眉に唾つけて考えた方がいいかもしれません。

適材適所!丁度いいタイミング!構わなすぎず過保護にせず!

僕がプリウスのメンテナンスで日頃心掛けている事です

コメント